旅のお手伝いはこちら
(お問い合せ・お見積もり)
乗務員対策

乗務員対策(バス車内・乗務での消毒)

手洗い、うがいの徹底をして運行中は常時マスクを着用します。

点呼時に、体温測定(サーモカメラ)を実施します。
※平熱より大幅に(37.5度以上)上昇している場合は出庫を中止し代替乗務員による運行をします。
サーモカメラ
試験

トランクへお荷物を積み込む場合、ビニール手袋を着用します。

ガイドが乗車する際は、基本的に前向きにてご案内しております。
※感染防止の為、フェイスシールド/マスク着用にてのご案内

車内に、お客様用の手指消毒液(オートディスペンサー)を設置しています。
オートディスペンサー

車内の空気を、常時換気するために「外気導入運転」を固定セットしています。

お客様がバスから長時間離れているときは、出来る限り窓を開けて換気を実施しています。

運転席と客席の間にアクリル仕切り板の設置をしています。

客席の前後間に、パーテーンションの設置をしています。

光触媒による抗菌加工、およびオゾン発生器による運行後の車内消毒をしています(※令和2年12月28日施工済)。
光触媒コーティング  オゾン発生器

お客様が触れる部分(手すり、シートベルトなど)を中心にアルコール消毒をしています。

座席やカーテンなどにも消毒液噴霧による除菌を行っています。

TOPへ戻る
(C)2021 菊水観光 All rights reserved.